arp

arp #

TCP/IP Arp コマンド


arp #

アドレス解決プロトコル (ARP) で使用される、IP アドレスから物理アドレスへの変換テーブルを表示および変更します。

  • C:\Windows\system32\ARP.EXE /?

Output:

アドレス解決プロトコル (ARP) で使用される、IP アドレスから物理アドレスへの変換
テーブルを表示および変更します。

ARP -s inet_addr eth_addr [if_addr]
ARP -s inet_addr eth_addr [if_addr]
ARP -a [inet_addr] [-N if_addr] [-v]
 
 -a            現在のプロトコル データを参照し、現在の ARP エントリを表示しま
               す。inet_addr が指定されている場合は、指定されたコンピューター
               のみの IP アドレスと物理アドレスが表示されます。2 つ以上のネット
               ワーク インターフェイスが ARP を使用する場合は、各 ARP テーブル
               のエントリが表示されます。 
 -g            -a と同じです。 
 -v            現在の ARP  エントリを詳細モードで表示します。すべての無効なエン
               トリとループバック インターフェイスのエントリが表示されます。
 inet_addr     インターネット アドレスを指定します。
 -N if_addr    if_addr で指定されたネットワーク インターフェイスの ARP エントリ
               を表示します。
 -d            inet_addr で指定されたホストを削除します。inet_addr にワイルド 
               カードを使用すると、すべてのホストを削除できます。
 -s            ホストを追加し、インターネット アドレス inet_addr を物理アドレス
               eth_addr に関連付けます。物理アドレスは、ハイフンで区切られた 6 
               個の 16 進数バイトで指定します。このエントリは恒久的です。 
 eth_addr      物理アドレスを指定します。 
 if_addr       指定された場合は、アドレス変換テーブルを変更するインターフェイス
               のインターネット アドレスを指定します。指定がない場合は、最初の
               適用可能なインターフェイスが使用されます。
例 : 
 > arp -s 157.55.85.212   00-aa-00-62-c6-09  .... 静的エントリを追加します。
 > arp -a .... テーブルを表示します。

リターンコード: 1

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\ARP.EXE
ファイル情報
サイズ26624bytes
作成日2019/12/07 18:09:34
更新日2019/12/07 18:09:34
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD52af1b2c042b83437a4be82b19749fa98
SHA19bb265d4582de87eba4e34081bd122c3395a232e
SHA2244338c3a62ecfe8add344b7de822ef5e4c4001b6f23bba7147ec38e5a
SHA2567b79171410482f410b7572c58edb7fd39326f7150c7c6882249b1cf9d7c970f0
SHA38464abfce7c0c6c03b4c896111bf3f1dc6fa086016e8761843ecdb7a5745ac127c46fe4e03452d6599481672cdc0f4f1b4
SHA512b03a5c26331beabfbaedfdf31ac6d25c76c04b5aab3c5b669f06c7404fabbcb41d2720ea907f860bdf3df27ac16bc7363bec02093ddf203c308b2156c838e731