bdehdcfg

bdehdcfg #

BitLocker ドライブ暗号化: ドライブ準備ツール


bdehdcfg #

BitLocker ドライブ準備ツール

  • C:\Windows\system32\BdeHdCfg.exe /?

Output:

BitLocker ドライブ準備ツール Version 10.0.19041
Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

使用法:

BdeHdCfg[.exe]
               [-driveinfo]
               [-target {default | unallocated |
                         ターゲット ドライブの文字 {shrink | merge}}]
               [-newdriveletter ドライブ文字]
               [-size サイズ (MB)]
               [-quiet] [-restart] [{-? | /?}]

説明:
  ハード ドライブを BitLocker ドライブ暗号化用に準備します。

  コマンド ライン パラメーターは大文字と小文字を区別しません。

パラメーター:
  -driveinfo
        有効なターゲット ドライブに関する情報を表示します。

  -target
        ターゲットと操作を指定します。

        新しいアクティブ パーティションを作成するには 'shrink' を指定します。
        既存のパーティションをアクティブにするには 'merge' を指定します。
        ディスク上のフォーマットされていない領域を使用するには 'unallocated'
        を指定します。
        ターゲットが自動的に選択されるようにするには 'default' を指定します。

        例: -target D: merge
            -target C: shrink
            -target unallocated
            -target default

  -newdriveletter
        新しいドライブに付けるドライブ文字を指定します。このオプションは、
        新しいドライブを作成する場合にのみ有効です。

        例: -newdriveletter S:

  -size
        新しいドライブのサイズを指定します。このオプションは、新しいドライブを
        作成する場合にのみ有効です。

        指定しない場合、最小サイズである 550 MB が設定されます。

        例: -size 700

  -quiet
        Quiet モードでの操作を指定します。ドライブ準備ツールからの出力は
        表示されません。

  -restart
        ドライブ準備の後、自動的に再起動するようにします。

        BitLocker を有効化する前にコンピューターを再起動する必要が
        あります。

  -? または /?
        このコマンドのヘルプを表示します。

例:
    BdeHdCfg -target c: shrink -newdriveletter x: -size 550 -quiet -restart
    BdeHdCfg -target d: merge -quiet -restart
    BdeHdCfg -target unallocated -newdriveletter s:
    BdeHdCfg -target default

リターンコード: 0

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\BdeHdCfg.exe
ファイル情報
サイズ134144bytes
作成日2019/12/07 18:10:41
更新日2019/12/07 18:51:52
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD589d0572c9b53f34230c8514f6b11bd56
SHA1c8111fa4bb979386bd9c7923eb5e8ba3cb2947fb
SHA224626b6d922ed5ceaa49dcbca56113f3f494a9db29f5da5f45765454de
SHA256a6797c873af8f7fefe1352876113cd912e329759e838cf2f49ecd7bdf4bf4f26
SHA384eae382250deaee0f6a1aba0d4b1aac80d50048e043b51742d06dd19984a47bf456c928c6d751317163370e5751c4e344
SHA512ec6199df2daca0de2bc279e891d5996ba4afc6ee1892aa878fb17c438f7c2ebc4e7678a582151acc56d7fb74e8787e3ec8d5aa0c370df0b5d0dea0dedfc30ea0