chkdsk

chkdsk #

ディスク チェック ユーティリティ


chkdsk #

ディスクをチェックし、現在の状態を表示します。

  • C:\Windows\system32\chkdsk.exe /?

Output:

ディスクをチェックし、現在の状態を表示します。


CHKDSK [ボリューム[[パス]ファイル名]]] [/F] [/V] [/R] [/X] [/I] [/C] [/L[:サイズ]] [/B] [/scan] [/spotfix]


  ボリューム        ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、
                    マウント ポイント、ボリューム名を指定します。
  filename            FAT/FAT32 のみ: 断片化をチェックするファイルを
                      指定します。
  /F                ディスクのエラーを修復します。
  /V                  On FAT/FAT32: ディスクの全ファイルの完全なパスと名前を表示
                      します。
                      On NTFS: クリーンアップ メッセージがあればそれも表示します。
  /R                  不良セクターを見つけて、読み取り可能な情報を回復します (/scan
                      を指定しない場合、/F も暗黙的に指定されます)。
  /L:size             NTFS のみ:  指定されたキロバイト数にログ ファイル サイズを
                      変更します。サイズが指定されていないときは、現在のサイズを
                      表示します。
  /X                  必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウント解除します。
                      ボリュームに対して開かれているすべてのハンドルは、無効になり
                      ます (/F も暗黙的に指定されます)。
  /I                  NTFS のみ: インデックス エントリのチェックを抑制して実行しま
                      す。
  /C                  NTFS のみ: フォルダー構造内の周期的なチェックをスキップ
                      します。
  /B                  NTFS のみ: ボリューム上の不良クラスターを再評価します (/R も
                      暗黙的に指定されます)。
  /scan               NTFS のみ: ボリュームに対してオンライン スキャンを実行します。
  /forceofflinefix    NTFS のみ: ("/scan" と共に使用する必要があります)
                      すべてのオンライン修復を無視します。検出されたすべての障害は
                      オフライン修復のためにキューに挿入されます ("chkdsk /spotfix")。
  /perf               NTFS のみ: ("/scan" と共に使用する必要があります)
                      できる限り早くスキャンが完了するようにより多くのシステム
                      リソースを使用します。これにより、システムで実行中の他のタスク
                      のパフォーマンスが低下する可能性があります。
  /spotfix            NTFS のみ: ボリュームに対してスポット修正を実行します。
  /sdcleanup          NTFS のみ: 不要なセキュリティ記述子データを
                      ガベージ コレクトします (/F も暗黙的に指定されます)。
  /offlinescanandfix  オフライン スキャンを実行し、ボリューム上で修正します。
  /freeorphanedchains FAT/FAT32/exFAT のみ: 孤立したクラスタ チェーンを
                      それらのコンテンツを回復する代わりに解放します。
  /markclean          FAT/FAT32/exFAT のみ: /F が指定されていない場合であっても
                      破損が検出されなかった場合、ボリュームをクリーンとしてマークします。

/I または /C スイッチは、ボリュームの特定のチェックをスキップして、Chkdsk の
実行時間を短縮します。

リターンコード: 3

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\chkdsk.exe
ファイル情報
サイズ26624bytes
作成日2019/12/07 18:08:46
更新日2019/12/07 18:08:46
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD57a5061e14cd532a38c926aa7002dd205
SHA1f3a199547855fa4c35b1906dbfb66e2565dab460
SHA2240f295092aec70d2139c9d6de5e3bfb05014d6a47f4e4ebf631a6bb20
SHA256f3f0645ed6cf3421520787846a8d0f66367522b4ec2c34021a1a11373d229712
SHA384d1c1ea481e48a4e4a640efd01518b6192e8735c504f11de867a9feb0e8ab516487eda7e090d2d6d3871dab4fc081a4cf
SHA512fdac2e99f72ab855c2ff03d7ecdc416dac6dabb5115c82f31dcce3378024d175792884ea8af32350c02879bb17cc69111f9739304bb7793065c1d13eeee00084