choice

choice #

ユーザーに選択肢を提供


choice #

ユーザーが一覧から選択した項目のインデックスを返します。

  • C:\Windows\system32\choice.exe /?

Output:


CHOICE [/C 選択] [/N] [/CS] [/T タイムアウト /D 選択] [/M テキスト]

説明:
    このツールは、ユーザーが一覧から選択した項目のインデックスを 
    返します。

パラメーター一覧:
   /C    選択          作成する選択の一覧を指定します。
                       既定の一覧は "YN" です。

   /N                  プロンプトで選択の一覧を非表示にします。
                       プロンプト前のメッセージはまだ表示されたままで、
                       選択も有効です。

   /CS                 大文字と小文字を区別するかどうかの選択を有効にします。
                       既定では、ユーティリティは大文字と小文字を区別します。

   /T    タイムアウト  既定値が選択されるするまでの時間(秒) です。
                       0 から 9999 までを指定できます。
                       0 を指定した場合、待ち時間なしに既定値が選択され
                       ます。

   /D    選択          nnnn 秒後に、選択される既定の選択を指定します。
                       /C オプションで指定した選択のセット内に文字がなければ
                       なりません。nnnn を /T で指定する必要もあります。

   /M    テキスト      プロンプトの前に表示するメッセージを指定します。
                       メッセージを指定しなかった場合は、プロンプトのみが
                       表示されます。

   /?                  このヘルプを表示します。

   注意:
   ERRORLEVEL 環境変数は、選択のセットから選ばれたキーの
   インデックスに設定されています。一覧にある最初の選択は 1 の値を
   返し、2 番目の選択は 2 の値を返す、と続きます。
   ユーザーが有効ではないキーを押した場合、ツールは警告音を 
   鳴らします。ツールによりエラー状況が検出された場合は、値が 255 の
   ERRORLEVEL を返します。ユーザーが CTRL+BREAK または 
   CTRL+C を押した場合、ツールは値が 0 の ERRORLEVEL を返します。
   バッチ プログラム内で ERRORLEVEL パラメーターを使用するとき、パラメーター
   は降順で一覧表示してください。

例:
   CHOICE /?
   CHOICE /C YNC /M "Yes には Y 、No には N 、キャンセルには C を押して
   ください。"
   CHOICE /T 10 /C ync /CS /D y 
   CHOICE /C ab /M "オプション 1 には a を、オプション 2 には b を選んで
   ください。"
   CHOICE /C ab /N /M "オプション 1 には a を、オプション 2 には b を
   選んでください。"

リターンコード: 0

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\choice.exe
ファイル情報
サイズ35840bytes
作成日2019/12/07 18:09:37
更新日2019/12/07 18:09:37
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD51a9804f0c374283b094e9e55dc5ee128
SHA1145f6745c02f5efa23a411b5f87fcc995a4d3856
SHA2248a6aa7f171882a1c38aca756b83c9027ffd39448b7c0ccf1cfe949c2
SHA256b2191c32538842d3fdeff972e5a77527fa35d69fa400aad2aa2798b86fc6cf2a
SHA3846b3cefc5c85c090d77bd00d8900c7233a53cac450111da1e9634ac2acd220b73ad0ec7b92dba2ce0f3035e40e96b9559
SHA5128ce31a84d01204f8360f75904500c9ae26218bf4e0a1a6f97108edb65b20fe857fe597438be5068ae0c7cb6f8a0f417039b19709bf8cc8d441fcb4dbfca7cc62