eventcreate

eventcreate #

イベント作成 - イベント ログのカスタム イベントの作成


eventcreate #

管理者が指定のイベント ログにカスタム イベントを作成します。

  • C:\Windows\system32\eventcreate.exe /?

Output:


EVENTCREATE [/S システム [/U ユーザー名 [/P [パスワード]]]] /ID イベントID
            [/L ログ名] [/SO ソース名] /T 種類 /D 説明

説明:
    このコマンド ライン ツールで管理者が指定のイベント ログに
    カスタム イベントを作成します。

パラメーター一覧:
  /S      システム             接続先のリモート システムを指定します。

  /U     [ドメイン\]ユーザー   コマンドが実行されるユーザー コンテキストを
                               指定します。

  /P      パスワード           指定のユーザー コンテキストのパスワードを
                               指定します。

  /L      ログ名               イベントを作成する先のイベント ログを指定
                               します。

  /T      種類                 作成するイベントの種類を指定します。
                               有効な種類: SUCCESS、ERROR、WARNING、INFORMATION

  /SO     ソース               イベントに使用するためのソースを指定します。
                               (指定しない場合は、既定のソースは'eventcreate'
                                になります。)ソースにはどの文字列を指定しても
                               有効であり、イベントを作成するアプリケーション
                               またはコンポーネントを示すものです。

  /ID     ID                   イベントに対するイベント ID を指定します。
                               1 から 1000 の範囲のどの数字も有効
                               です。

  /D      説明                 新しいイベントの説明文を指定します。

  /?                           このヘルプを表示します。


例:
    EVENTCREATE /T ERROR /ID 1000
        /L APPLICATION /D "アプリケーション ログ用のカスタム エラー イベント"

    EVENTCREATE /T ERROR /ID 999 /L APPLICATION
        /SO WinWord /D "Winword イベント 999 がディスクの容量不足のため発生"

    EVENTCREATE /S system /T ERROR /ID 100
        /L APPLICATION /D "カスタム ジョブのインストールに失敗しました"

    EVENTCREATE /S system /U user /P password /ID 1 /T ERROR
        /L APPLICATION /D "ユーザーの資格情報が無効なため、ユーザー アクセスは失敗しました"

リターンコード: 0

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\eventcreate.exe
ファイル情報
サイズ44544bytes
作成日2019/12/07 18:09:51
更新日2019/12/07 18:09:51
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD5091ffa3893661c5597ca719f28ee03ea
SHA1c80d0792ecfca2113958c0a8805d3d99fdf58a76
SHA224450abae9e152ad187cc2bd88464e18c5e4956793310fe71ef76be04e
SHA2567cc501292377dc849a34214f017f62a7331f44f96bc6fe3e566253a9918bf811
SHA384114a305b52470d8fd3e517b45a3b1341fa61e3a780bf628c7f005ebee42b230ec5b952a608ebde2daa451e03d70d2092
SHA5128503ad99472b223b4f10de64a09e8b06a52fb785f102e10803fdb16ac675251c26ff1e4723b9e938b9da24c10b71b4375906d86dc31aa154514c9d76a69023bc