format

format #

Disk Format Utility


format #

Windows で使うディスクをフォーマットします。

  • C:\Windows\system32\format.com /?

Output:

Windows で使うディスクをフォーマットします。

FORMAT volume [/FS:file-system] [/V:label] [/Q] [/L[:state]] [/A:size] [/C] [/I:state] [/X] [/P:passes] [/S:state]
FORMAT volume [/V:label] [/Q] [/F:size] [/P:passes]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q] [/T:トラック数 /N:セクター数] [/P:passes]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q] [/P:passes]
FORMAT ボリューム [/Q]

  ボリューム          ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、マウント
                  ポイント、ボリューム名を指定します。
  /FS:ファイルシステム  ファイルシステムにはファイルシステムの種類を指定
                  します (FAT、FAT32、exFAT、NTFS、UDF または ReFS)。
  /V:ラベル       ボリューム ラベルを指定します。
  /Q              クイック フォーマットを実行します。このスイッチは /P スイッチを上書きします。
  /C              NTFS のみ: 新しいボリューム上に作成されたファイルは、
                  既定では、圧縮されます。
  /X              必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウントを解除
                  します。ボリュームへ開かれているすべてのハンドルは、無効
                  になります。
  /R:リビジョン   UDF のみ: 形式を特定の UDF Version (1.02、1.50、2.00、2.01、
                  2.50) に強制します。既定のリビジョンは 2.01 です。
  /D              UDF 2.50 のみ: メタデータが複製されます。
  /L[:state]      NTFS のみ: ファイル レコードの既定のサイズを上書きします。
                  既定では、階層型でないボリュームは小さいサイズのファイル レコードを使用して
                  フォーマットされ、階層型ボリュームは大きいサイズのファイル レコードを使用して
                  フォーマットされます。/L と /L:enable を指定すると、フォーマットで
                  大きいサイズのファイル レコードが使用され、/L:disable を指定すると、フォーマットで
                  小さいサイズのファイル レコードが使用されます。
  /A:サイズ       既定のアロケーション ユニット サイズを上書きします。
                  一般的には、既定の設定を使用してください。
                  ReFS は、4096、64K をサポートします。
                  NTFS は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K、
                  128K、256K、512K、1M、2M をサポートします。FAT は、512、
                  1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K をサポートします
                 (セクター サイズが  512 バイトよりも大きい場合は 128K、256K)。
                  FAT32 は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K をサポート
                  します (セクター サイズが  512 バイトよりも大きい場合は 128K、256K)。
                  exFAT は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K、128K、
                  256K、512K、1M、2M、4M、8M、16M、32M をサポートします。

                  FAT と FAT32 ファイル システムは、下記のボリュームの
                  クラスター数の制限に従います:

                  FAT: クラスター数 <= 65526
                  FAT32: 65526 < クラスター数 < 4177918

                  指定されたクラスター サイズを使用して上記の要件を
                  満たせないと判断された場合、フォーマットの処理は
                  直ちに停止します。

                  NTFS 圧縮は、4096 より大きいアロケーション ユニット サイズ
                  に対してはサポートされません。

  /F:サイズ       フォーマットするフロッピー ディスクのサイズを指定します (1.44)
  /T:トラック数   ディスクの片面あたりのトラック数を指定します。
  /N:セクター数     トラックあたりのセクター数を指定します。
  /P:count        ボリュームのすべてのセクターを 0 にします。この処理の後、
                  ボリュームが、"count" の回数だけ毎回異なる乱数で上書き
                  されます。"count" が 0 の場合、すべてのセクターを 0 に
                  した後にそれ以外の上書きは行われません。このスイッチは、
                  /Q が指定されていない場合は無視されます。
  /S:状態         短いファイル名 (enable、disable) のサポートを指定します
                  短い名前は既定で無効になっています
  /TXF:state      txf が有効 (enabled) か無効 (disabled) かを指定します
                  TxF は既定で有効です
  /I:状態        ReFS のみ: 新しいボリュームで保全を有効にするかどうかを
                 指定します。"状態""enable" または "disable"
                 になります。保全は、既定でデータ冗長がサポートされている
                 記憶域で有効になります。
  /DAX[:state]    NTFS のみ: このボリュームの直接アクセス記憶 (DAX) モードを
                  有効にします。DAX モードの場合、IO パフォーマンスを向上させるために、
                  メモリ バスを使用してボリュームにアクセスします。ボリュームを DAX モード
                  でフォーマットできるのは、ハードウェアが DAX に対応している場合のみです。
                  状態として "enable" または "disable" を指定できます。/DAX は
                  /DAX:enable と見なされます。
  /LogSize[:size] NTFS のみ: NTFS ログ ファイルのサイズをキロバイト単位で
                  指定します。サポートされる最小サイズは 2 MB なので、2 MB より
                  小さいサイズを指定すると、2 MB になります。ゼロは既定値を示し、
                  一般に既定値はボリューム サイズに依存します。
  /NoRepairLogs   NTFS のみ: NTFS 修復ログを無効にします。フラグが設定されて
                  いる場合、スポット修正 (つまり chkdsk /spotfix) は機能しません。

リターンコード: 0

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\format.com
ファイル情報
サイズ42496bytes
作成日2019/12/07 18:08:46
更新日2019/12/07 18:08:46
ProductVersion10.0.19041.1
FileVersion10.0.19041.1 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD567c8167d89fd9129ad29944a4867ffe8
SHA15a8b8dc04819da03be57715418b0cffa0c614109
SHA224e50b1595469215ffeccc70ec51a43e2482ca4eddd9e35f6a7258a364
SHA256daabf5ed8438ef1a3357820433895b885d867c6447a085e9975355788ec7f578
SHA38421d2d5df296a5f35760dbf7f2bbac6bbfc738f0d6525dedbf0401afe073f73e6bc89949f6dc21c9830cb5e0d0b56804b
SHA512b0026b6c49fb78b8aacc5d415c3ba8d357e1dea2686016512fb0409900ba98f6e48e509eeb636944897445f2167af2587a9b061d32393540cecd349160a41c46