register-cimprovider

register-cimprovider #

WMI


register-cimprovider #

システムに CIM プロバイダーを登録します

  • C:\Windows\system32\Register-CimProvider.exe -help

Output:


システムに CIM プロバイダーを登録します

使用法:  Register-CimProvider.exe
		-Namespace <名前空間名>
		-ProviderName <プロバイダー名>
		-Path <プロバイダー Dll のパス>
		[-ClassList <ホワイトリストに追加されたクラスのスペース区切りリスト>]
		[-Impersonation <True または False>]
		[-Decoupled <SDDL>]
		[-HostingModel <ホスティング モデル>]
		[-Localize <ロケール>]
		[-NoAutorecover]
		[-SupportWQL]
		[-GenerateUnregistration]
		[-ForceUpdate]
		[-Verbose]

-Namespace <名前空間名>
	プロバイダーのターゲット名前空間を指定します。

-ProviderName <プロバイダー名>
	プロバイダー名を指定します。

-Path <プロバイダー Dll のパス>
	プロバイダーのバイナリ パスを指定します。

-Impersonation <True または False>
	分離プロバイダーの foldidentity を指定します。既定値は True です。

-Decoupled <SDDL>
	プロバイダーを分離プロバイダーとして登録し、このプロバイダー
	を正しく登録できる一連のユーザーを定めたセキュリティ記述子を
	指定します。

-HostingModel <ホスティング モデル>
	結合プロバイダーのホスティング モデルを指定します。

-Localize <ロケール>
	指定したロケールのリソースでプロバイダーをローカライズします。

-NoAutorecover
	プロバイダーの自動修復を行いません。

-SupportWQL
	フィルターにクエリ式を渡します。

-GenerateUnregistration
	登録の uninstall mof を生成します。
	既定では無効です。

-ForceUpdate
	クラスがシステムに存在する場合、そのクラスを強制的に更新します。

-ClassList <プロバイダーの Dll のパス>
	mof で生成される、ホワイトリストに追加された
	クラスのスペース区切りリストを指定します。

-Verbose
	登録ログを出力します。

リターンコード: 0

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\Register-CimProvider.exe
ファイル情報
サイズ30208bytes
作成日2019/12/07 18:08:19
更新日2019/12/07 18:08:19
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD5f9f77eb472f58edebcfea7b51ffc6eea
SHA1087b259400c4e523144a4a829610bf589bde125b
SHA22412bf10199c846029f330b7465620e64f3abc47db731faec59ba9d318
SHA2565311c4b92bda7852580c8df50922f8328eb5a238012f10ded7b38dc3b9d00d8e
SHA384e3bbe473967d2ee8387aa90656f9ab4554aae5bf8ad9a3c81652c4c8015d2a96dca6e6ff3f25580051b0aeba0fa5dea2
SHA5120c6d1bdceea5fd5e7de2b47b4961e596e45fcb9237ee8b42cc9bbd93ab8f627ca919f3fca744b701bafb269e45c7bf4955268ca408926f10ad3df200495f7bfa