shutdown

shutdown #

Windows シャットダウンおよびコメント ツール


shutdown #

コンピューターを終了

  • C:\Windows\system32\shutdown.exe /?

Output:

使用法: C:\Windows\system32\shutdown.exe  [/i | /l | /s | /sg | /r | /g | /a | /p | /h | /e | /o] [/hybrid] [/soft] [/fw] [/f]
    [/m \\コンピューター][/t xxx][/d [p|u:]xx:yy [/c "コメント"]]

    引数なし   ヘルプを表示します。「/?」と入力するのと同じです。
    /?         ヘルプを表示します。オプションを入力しないのと同じです。
    /i         グラフィック ユーザー インターフェイス (GUI) を表示します
               このオプションは最初に指定する必要があります。
    /l         ログオフします。/m または /d オプションとは併用できません。
    /s         コンピューターをシャットダウンします。
    /sg        コンピューターをシャットダウンします。次回の起動時、自動再起動サインオンが
               有効になっている場合は、前回の対話ユーザー自動的にサインインしてロックします。
               サインイン後、登録されているアプリケーションを再起動します。
    /r         コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。
    /g         コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。システムの再起動後、
               自動再起動サインオンが有効になっている場合は、
               前回の対話ユーザーで自動的にサインインしてロックします。
               サインイン後、登録されているアプリケーションを再起動します。
    /a         システムのシャットダウンを中止します。
               これは、タイムアウト期間にのみ使用できます。
               /fw と共に使用して、保留されているファームウェアでの起動をすべてクリアします。
    /p         タイムアウトまたは警告なしでローカル コンピューターの電源を
               切ります。
               /d および /f オプションと併用できます。
    /h         ローカル コンピューターを休止状態にします。
               /f オプションと併用できます。
    /hybrid    コンピューターのシャットダウンを実行し、高速スタートアップの準備をします。
               /s オプションと併用してください。
    /fw        シャットダウン オプションと共に使用し、次回は以下で起動します
               ファームウェアのユーザー インターフェイス。
    /e         コンピューターの予期しないシャットダウンの理由を記録します。
    /o       詳細ブート オプション メニューに移動し、コンピューターを再起動します。
               /r オプションと併用してください。
    /m \\コンピューター 対象となるコンピューターを指定します。
    /t xxx     シャットダウンまでのタイムアウト期間を xxx 秒に設定します。
               有効範囲は 0 から 315360000 (10 年) までで、既定値は 30 です。
               タイムアウト期間が 0 より大きい場合、/f パラメーターが
               暗黙的に指定されます。
    /c "コメント" 再起動またはシャットダウンの理由にコメントを付けます。
               最大 512 文字まで入力できます。
    /f         ユーザーに警告せずに実行中のアプリケーションを強制終了します。
               /t パラメーターに 0 より大きい値が指定された場合、
               /t パラメーターに指定されます。
    /d [p|u:]xx:yy  再起動またはシャットダウンの理由を指定します。
               p は再起動またはシャットダウンが計画されていることを示します。
               u は理由がユーザーにより定義されることを示します。
               p と u のどちらも指定されていない場合は、再起動または
               計画されていません。
               xx は主因の番号です (256 未満の正の整数)。
               yy は副因の番号です (65536 未満の正の整数)。

理由:
(E = 予期していた理由 U = 予期していない理由 P = 計画済み, C = ユーザー定義)
種類	主因	副因	タイトル

 U  	0	0	その他 (計画外)
E   	0	0	その他 (計画外)
E P 	0	0	その他 (計画済)
 U  	0	5	その他の障害: システム応答なし
E   	1	1	ハードウェア: メンテナンス (計画外)
E P 	1	1	ハードウェア: メンテナンス (計画済)
E   	1	2	ハードウェア: インストール (計画外)
E P 	1	2	ハードウェア: インストール (計画済)
E   	2	2	オペレーティング システム: 回復 (計画外)
E P 	2	2	オペレーティング システム: 回復 (計画済)
  P 	2	3	オペレーティング システム: アップグレード (計画済)
E   	2	4	オペレーティング システム: 再構成 (計画外)
E P 	2	4	オペレーティング システム: 再構成 (計画済)
  P 	2	16	オペレーティング システム: Service pack (計画済)
    	2	17	オペレーティング システム: ホットフィックス (計画外)
  P 	2	17	オペレーティング システム: ホットフィックス (計画済)
    	2	18	オペレーティング システム: セキュリティ フィックス (計画外)
  P 	2	18	オペレーティング システム: セキュリティ フィックス (計画済)
E   	4	1	アプリケーション: メンテナンス (計画外)
E P 	4	1	アプリケーション: メンテナンス (計画済)
E P 	4	2	アプリケーション: インストール (計画済)
E   	4	5	アプリケーション: 応答なし
E   	4	6	アプリケーション: 不安定
 U  	5	15	システム障害: STOP エラー
 U  	5	19	セキュリティの問題 (計画外)
E   	5	19	セキュリティの問題 (計画外)
E P 	5	19	セキュリティの問題 (計画済)
E   	5	20	ネットワーク接続の損失 (計画外)
 U  	6	11	電源障害: コードが抜けました
 U  	6	12	電源障害: 環境
  P 	7	0	レガシ API シャットダウン

リターンコード: 1

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\shutdown.exe
ファイル情報
サイズ28160bytes
作成日2019/12/07 18:08:54
更新日2019/12/07 18:08:54
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD5f2a4e18da72bb2c5b21076a5de382a20
SHA1daf6d8af4e015dd9242998d8288557b253f30143
SHA224ef997ca447c3c77dd1288fdf42f7bc713f39b647801dcfe75b1c4368
SHA256d4e68cc9cb1965d70134c68bd1a090e0afae5b8b3d8018c6b6564852ae7bf396
SHA384b9167142a331f456bce0814845367aca6e7c78a86c6d05d9ab208a119cef09e1b53bbe9616a1a85ba4506474f71178fa
SHA512f4b20884aeea2540d8414abc9deda859e8938cdf04a743ab6f151139dea08bda4b0eb9208500cd0402a7d1e9046a916405dcbdd9766fa6987c415b0ced387703