tracerpt

tracerpt #

イベント トレース レポート ツール


tracerpt #

Windowsのログを解析

  • C:\Windows\system32\tracerpt.exe /?

Output:


Microsoft R TraceRpt.Exe (10.0.19041.546)

使用法:
  C:\Windows\system32\tracerpt.exe <[-l] <value [value [...]]>|-rt <session_name [session_name [...]]>> [オプション]

オプション:
  -?                            状況に応じたヘルプを表示します。
  -config <filename>            コマンド オプションが記述されている設定ファイ
                                ルです。
  -y                            すべての質問に対して確認を求めずに、"はい"                                応答します。
  -f <XML|HTML>                 レポート形式
  -of <CSV|EVTX|XML>            ダンプ形式。既定値は XML です。
  -en <ANSI|Unicode>             出力ファイルのエンコードです。CSV 出力形式の
                                み有効です。
  -df <filename>                Microsoft 特有のカウントまたはレポート スキー
                                マ ファイルです。
  -import <filename [filename [...]]> イベント スキーマ インポート ファイル
  -int <filename>               解釈されたイベント構造を指定したファイルに出力
                                します。
  -rts                          イベント トレース ヘッダーのタイムスタンプを報
                                告します。-o とのみ使用できます。-report や
                                -summary は使用できません。
  -tmf <filename>               トレース メッセージ形式定義ファイル
  -tp <value>                   TMF ファイル検索パス。';' で区切って複数のパス
                                を使用できます。
  -i <value>                    プロバイダー イメージ パスを指定します。一致す
                                る PDB はシンボル サーバーにあります。';' で区
                                切って複数のパスを使用できます。
  -pdb <value>                  シンボル サーバーのパスを指定します。';' で区
                                切って複数のパスを使用できます。
  -gmt                          WPP ペイロードのタイムスタンプを GMT 時刻に変
                                換します
  -rl <value>                   システム レポート レベル 1 から 5 で、既定値は
                                1 です。
  -summary [filename]           要約レポート テキスト ファイルです。既定値は、
                                summary.txt です。
  -o [filename]                 テキスト出力ファイルです。既定値は、
                                dumpfile.xml です。
  -report [filename]            テキスト出力レポートファイルです。既定値は、
                                workload.xml です。
  -lr                           緩和された制限です。イベント スキーマに一致し
                                ないイベントに最適な方法を使用します。
  -export [filename]            イベント スキーマ エクスポート ファイルです。
                                既定値は、schema.man です。
  [-l] <value [value [...]]>    処理するイベント トレース ログ ファイルです。
  -rt <session_name [session_name [...]]> リアルタイム イベント トレース セッシ
                                ョン データ ソースです。

例:
  tracerpt logfile1.etl logfile2.etl -o logdump.xml -of XML
  tracerpt logfile.etl -o logdmp.xml -of XML -lr -summary logdmp.txt -report logrpt.xml
  tracerpt logfile1.etl logfile2.etl -o -report
  tracerpt logfile.etl counterfile.blg -report logrpt.xml -df schema.xml
  tracerpt -rt "NT Kernel Logger" -o logfile.csv -of CSV

リターンコード: 1

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\tracerpt.exe
ファイル情報
サイズ429056bytes
作成日2021/10/06 22:53:41
更新日2021/10/06 22:53:41
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD5b28148e4dc7bd3e63dc0162ebc33685c
SHA1fde2ab2cfba3d62c79b74d214c4ac9bb31bcd2b6
SHA2243f3dfcde72e1e8407aae76b21d1ac6b6cf03aacc9e6ad0c7257b7630
SHA2562ece870892bb1c19ae933a5411560d1fe4eb51dd6b6b510f82b05f2b1ba49851
SHA3846adeb283dc134165c6786fe590e4422906cccce4e5ce2f7b808cdb362ba481206c9b6994db64aec1719aec0f71e2021b
SHA512f2375bbeced332e1c9fbdbbd24285fe83dd1cc207cf9bf2f17e378577202d242e8d38772ed260d339b70faf6a1c8fc2c975c6db0e06792519ecb7fd94a636746