w32tm

w32tm #

Windows タイム サービス診断ツール


w32tm #

Windows Timeサービスを使用して時刻調整

  • C:\Windows\system32\w32tm.exe /?

Output:

w32tm [/? | /register | /unregister ]
  ? - このヘルプを表示します。
  register - サービスとして実行するように登録し、既定の構成をレジストリに
             追加します。
  unregister - サービスの登録を取り消し、レジストリからすべての構成情報を
               削除します。

w32tm /monitor [/domain:<ドメイン名>]
               [/computers:<名前>[,<名前>[,<名前>...]]]
               [/threads:<数>] [/ipprotocol:<4|6>] [/nowarn]
  domain - 監視するドメインを指定します。ドメイン名が指定され
    なかった場合、またドメインおよびコンピューター オプションが指定され
    なかった場合は、既定のドメインが使用されます。このオプションは
    複数使用することができます。
  computers - 一覧に指定されたコンピューターを監視します。コン
    ピューター名はコンマで区切ってください。スペースは使用できません。
    名前の前に '*' が付いている場合は、AD PDC として処理されます。
    このオプションは複数使用できます。
  threads - 同時に何台のコンピューターを分析するかを指定します。
    既定値は 3 です。1 から 50 の間の値で指定してください。
  ipprotocol - 使用する IP プロトコルを指定します。既定では
    利用可能なプロトコルがどれでも使用されます。
  nowarn - 警告メッセージをスキップします。

w32tm /ntte <NT タイム エポック>
  NT システム時刻 (0h 1-Jan 1601 から (10^-7)s 間隔) を読み取り可能な形式に
  変換します。

w32tm /ntpte <NTP タイム エポック>
  NTP 時刻 (0h 1-Jan 1900 から (2^-32)s 間隔) を読み取り可能な形式に変換します。

w32tm /resync [/computer:<コンピューター>] [/nowait] [/rediscover] [/soft]
  蓄積したエラー統計をすべて削除して今すぐ時刻の同期をとり直すように
  コンピューターに指示します。
  computer:<コンピューター>
                - 同期をとり直すコンピューターです。指定がない場合は、ローカル 
                  コンピューターに適用されます。
  nowait        - 同期の再実行を待たずにすぐに返します。指定がない場合は、
                  同期の再実行の完了を待ってから返します。
  rediscover    - ネットワーク構成を再検出し、ネットワーク ソースを再発見
                  してから、同期をとり直します。
  soft          - 既存のエラー統計を使って同期をとり直します。互換性のために
                  用意されたもので、あまり有効ではありません。

w32tm /stripchart /computer:<ターゲット> [/period:<秒>]
    [/dataonly] [/samples:<値>][/packetinfo] [/ipprotocol:<4|6>] [/rdtsc]
  このコンピューターと他のコンピューター間のオフセットのストリップ チャートを
  表示します。
  computer:<ターゲット>
                - オフセットを計測するターゲット コンピューターです。
  period:<秒>   - サンプルを収集する秒単位の間隔です。既定値は 2 秒です。
  dataonly      - データのみを表示し、グラフィックは表示しません。
  samples:<値>  - 指定された数のサンプルを収集します。値が指定されていない
                  場合は、Ctrl+C キーが押されるまで収集を続けます。
  packetinfo    - NTP パケット応答メッセージを印刷します。
  ipprotocol    - 使用する IP プロトコルを指定します。既定では、利用可能な
                  プロトコルがどれでも使用されます。
  rdtsc - TSC の値と時間オフセット データを CSV 形式で表示します。
             出力には、NTP 要求が送信される前にキャプチャされた TSC と
             FILETIME の値、NTP 応答が受信された後の TSC の値と共に、
             NTP のランドトリップと時間オフセットの値が表示されます。

w32tm /config [/computer:< ターゲット>] [/update]
    [/manualpeerlist:<ピア>] [/syncfromflags:<ソース>]
    [/LocalClockDispersion:<秒>]
    [/reliable:(YES|NO)]
    [/largephaseoffset:<ミリ秒>]
  computer:<ターゲット>
                - 指定されたターゲットの構成を調整します。指定がない場合は、
                  ローカル コンピューターに適用されます。
  update        - タイム サービスに構成が変更されたことを通知し、
                  変更を有効にします。
  manualpeerlist:<ピア>
                - 手動ピアの一覧を指定されたピアに設定します。DNS および 
                  IP アドレス、またはその両方をスペースで区切った一覧です。
                  複数のピアを指定する場合は、このスイッチを引用符で
                  囲む必要があります。
  syncfromflags:<ソース>
                - NTP クライアントの同期先であるソースを指定します。
                  以下のキーワードをコンマで区切って指定します。
                  大文字と小文字の区別はありません:
            MANUAL    - 手動ピアの一覧にあるピアから同期をとる
            DOMHIER   - ドメイン階層にある AD DC から同期をとる
            NO        - どこからも同期をとらない
            ALL       - 手動ピアとドメイン ピアの両方から同期をとる
  LocalClockDispersion:<秒>
                - w32time が構成されたソースから時間を取得できないときに
                  想定する内部クロックの正確さを構成します。
  reliable:(YES|NO)
                - このコンピューターが信頼性の高いタイム ソースであるかどうかを
                  設定します。
                  この設定が有益なのはドメイン コントローラーでのみです。
            YES       - このコンピューターは信頼性の高いタイム サービスです
            NO        - このコンピューターは信頼性の高いタイム サービスでは
                        ありません
  largephaseoffset:<ミリ秒>
                - w32time がスパイクと見なすローカル時刻とネットワーク時刻の
                  時間差を設定します。

w32tm /tz
  現在のタイム ゾーンの設定を表示します。

w32tm /dumpreg [/subkey:<キー>] [/computer:< ターゲット>]
  指定されたレジストリ キーと関連付けられた値を表示します。
  既定のキーは HKLM\System\CurrentControlSet\Services\W32Time
    (タイム サービスのルート キー) です。
  subkey:<キー> - 既定のキーのサブキー <キー> と関連付けられた値を表示します。
  computer:<ターゲット>
                - コンピューター <ターゲット> のレジストリ設定を照会します。

w32tm /query [/computer:<ターゲット>] 
    {/source | /configuration | /peers | /status} 
    [/verbose]
  コンピューターの Windows タイム サービス情報を表示します。
  computer:<ターゲット>
                - <ターゲット> の情報を照会します。指定がない場合は、
                  既定でローカル コンピューターが指定されます。
  source        - タイム ソースを表示します。
  configuration - ランタイムおよび設定の取得元の構成を表示します。
                  詳細モードでは、未定義または未使用の設定も表示します。
  peers         - ピアの一覧とそれらの状態を表示します。
  status        - Windows タイム サービスの状態を表示します。
  verbose       - 詳細情報を表示する詳細モードを設定します。

w32tm /debug {/disable | {/enable /file:<名前> /size:<バイト> /entries:<値> 
    [/truncate]}}  
  ローカル コンピューターの Windows タイム サービスのプライベート ログを有効
  または無効にします。
  disable       - プライベート ログを無効にします。
  enable        - プライベート ログを有効にします。
            file:<名前>      - 絶対ファイル名を指定します。
            size:<バイト>    - 循環ログの最大サイズを指定します。
            entries:<値>     - フラグ一覧を含めます。フラグは数値で指定し、
                               コンマで区切ります。
                               フラグにより、ログ対象の情報の種類を指定します。
                               有効な数値は、0 から 300 です。単独の数値だけ
                               ではなく、0-100,103,106 のように数字の範囲を
                               指定できます。0-300 の値を指定すると、すべての
                               情報がログに記録されます。
  truncate      - ファイルが存在する場合に切り捨てます。

w32tm /leapseconds /getstatus [/verbose]
  ローカル コンピューターのうるう秒の状態を表示します。
  verbose: 詳細情報を表示する詳細モードを設定します。

リターンコード: 0

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\w32tm.exe
ファイル情報
サイズ108032bytes
作成日2019/12/07 18:08:13
更新日2019/12/07 18:08:13
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD581a82132737224d324a3e8da993e2fb5
SHA1ef9f88fe8e2bcd8086860092bfb45bc58e9726ee
SHA224bf0290687124c71240676a3cba16c21d8ba5e28806c471293946da4f
SHA25688f14176c848adce732fe1db67c2d95cd495ac71caed5d137e0108332509042f
SHA384f5b146b0495133c448088a01138f8929b5d1a8b5188bf58d88133e8188e7413077bc33ad43b8ae3ca12a36bc517028f6
SHA512af918d4343e6e00050092be047d00f92405a71113e270e780d75500afe5c077419020c08a6ed4f6eaee9e771954e1f9a953157ea90fbb384eca8ea6de62b9480