waitfor

waitfor #

waitfor - ネットワーク経由の信号の待機/送信


waitfor #

ネットワーク経由の信号の待機/送信

  • C:\Windows\system32\waitfor.exe /?

Output:


WaitFor の使用法は 2 とおりです: 

構文 1: シグナルを送信する場合、
    WAITFOR [/S システム [/U ユーザー [/P [パスワード]]]] /SI シグナル

構文 2: シグナルを待機する場合、
    WAITFOR [/T タイムアウト] シグナル

説明:
    このツールにより、システム上でシグナルを送信したり待機したり
    できます。/S が指定されていない場合、シグナルはメイン内のすべての
    システムにブロードキャストされます。/S が指定されている場合、
    シグナルは指定したシステムにのみ送信されます。

パラメーター一覧:
    /S     システム       シグナルの送信先のリモート システムを指定します。

    /U     [ドメイン\]ユーザー  
                          コマンドが実行されるユーザーのコンテキストを指定しま
                          す。

    /P     [パスワード]   与えられたユーザーのコンテキストのパスワードを指定し
                          ます。

    /SI                   待機中のコンピューターにネットを越えてシグナルを送信

    /T     タイムアウト   待機する時間を秒で表します。有効な範囲は
                          1 から 99999 です。既定ではシグナルを待ち続けます。

    シグナル              待機するシグナル、または送信するシグナルの名前

    /?                    このヘルプを表示します。

    注意: システムは複数の一意のシグナル名を待つことができます。
    シグナル名は 225 文字以下でなければなりません。a から z、A から Z、
    0 から 9 以外の文字は使用できません。128 から 255 の範囲の 
    ASCII 文字も使用できません。

例:
    WAITFOR /?
    WAITFOR SetupReady 
    WAITFOR CopyDone /T 100 
    WAITFOR /SI SetupReady 
    WAITFOR /S system  /U user /P password /SI CopyDone

リターンコード: 0

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\waitfor.exe
ファイル情報
サイズ42496bytes
作成日2019/12/07 18:09:51
更新日2019/12/07 18:09:51
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD565f95b6f9a894116af21d19a8cf54c34
SHA197f016a385fc4d533ae46f7f7c98a91b175934c3
SHA2248a319cdae92c877a8fad649ff5c23839630d6efa37e4645615158781
SHA2561ed4bdfbbe7e27856d1b3d6d743efab72e5727bae7b6c02492f8890c97ae602f
SHA384c34c2ec91cbf91b7f89df4481d7464b34efe9df1385fe27b0cf8b6f6a2ba67c2588a6ab85bef32c873c04d97290836be
SHA512650dcc22a207ffa42135cf95f3b47abfca6cae63989e81d382a3f191718075927224783ffc2bbf4b54d8ecb801786086cd0b022e07d98fff09d34ba9742021d5