xwizard

xwizard #

拡張ウィザード ホスト プロセス


xwizard #

拡張ウィザード ホスト プロセス

  • C:\Windows\system32\xwizard.exe

Output:

---------------------------
拡張ウィザード ホスト プロセス
---------------------------
使用法: 
   xwizard ProcessXMLFile [/u] [/m] <ファイル名> 
   xwizard RunWizard [/u] [/t<?>] [/c<?>] [/f<?>] [/p<GUID>] <GUID> [/z [<?>] ]
   xwizard RunPropertySheet [/u] [/c<?>] [/f<?>] [/p<GUID>] <GUID> [/z [<?>] ]
パラメーター:
   /c = コンテンツ フラグ
   /f = ユーザー定義フラグ
   /m = Vista セットアップ マニフェスト ファイル セクションを追加で生成します
        (現在のディレクトリに結果ファイルを <ファイル名>.man という名前で
        作成します)
   /p = 親ホスト GUID 識別子 ({<GUID>})
   /t = 省略可能なウィザードの種類 (wizard97、aero、dui、moderndui)
   /u = 無人モード (エラーを表示せずにログに記録します)
   /z = ユーザー コマンド ライン (常に行の末尾に指定する必要があります)
   filename = XML ファイル名
   GUID = ウィザード コンポーネントの GUID 識別子 ({<GUID>})
例:
   xwizard ProcessXMLFile myconfig.xml
   xwizard ProcessXMLFile /m mysetup.xml
   xwizard RunWizard {7071ECA0-663B-4bc1-A1FA-B97F3B917C55}
   xwizard RunWizard /taero /c1 /f3 {7071ECA0-663B-4bc1-A1FA-B97F3B917C55} /z/myoption1 /myoption2
   xwizard RunPropertySheet {7071ECA0-663B-4bc1-A1FA-B97F3B917C55}
   xwizard RunPropertySheet /c1 /f3 {7071ECA0-663B-4bc1-A1FA-B97F3B917C55} /z/myoption1 /myoption2
---------------------------
OK   
---------------------------

リターンコード: 1

>ver
Microsoft Windows [Version 10.0.19044.1288]
C:\Windows\system32\xwizard.exe
ファイル情報
サイズ64000bytes
作成日2019/12/07 18:09:51
更新日2019/12/07 18:09:51
ProductVersion10.0.19041.1889
FileVersion10.0.19041.1889 (WinBuild.160101.0800)
HashValue
MD530c784340f42db44a84c7958c240e394
SHA1a9611d90310fe54d0f78e7e067b00c9d53c870c3
SHA2243686b775d96d1c929bdd2ef63b52cd8fea38355730d44d0183de7bb2
SHA2564359c82a6760d717ec367bc80b1a70e149bf7e197ea45c1188a4826570b96c50
SHA384a339a0099d201304612adbacc84d0e81132c0bb3cc73a7d6a7f8764ccd661afa04390f98c922e310caffb3c0a9cd6cc1
SHA512f5f7da6505dfde7060ec0fb186915f4390eb1d0a3048effc65df41b9b6201e501be1ad6cb3db8f626451fd3fdfaf5ef9d615200b7d039f79e93ef74e4a359d8e